乃木坂46、欅坂46、日向坂46の情報を発信していきます

    2019年12月


    【紅白】欅坂の不協和音たまらんちたまらんち


    【紅白】欅坂46「不協和音」熱唱
    …・渋谷のNHKホールから生中継され、4年連続4回目の出場となった欅坂46が「不協和音」を熱唱した。 2年前の2017年に同曲を披露した際には、歌唱直後…
    (出典:エンタメ総合(スポニチアネックス))



    (出典 i.pinimg.com)


    鳥肌立った
    欅ちゃん平手ちゃんお疲れさまでした

    【【紅白】欅坂の不協和音たまらんちたまらんち】の続きを読む

    no title

















    400 公共放送名無しさん :2019/12/31(火) 19:35:55.60 ID:vNBB5f5o.net

    富澤w


    【日向坂46 キュン 第70回NHK紅白歌合戦 キャプ画】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 君の名は :2019/12/29(日) 18:47:55.62 .net

    https://mantan-web.jp/article/20191229dog00m200050000c.html
    白石麻衣
    「いままでにない3グループで初の試み。坂道がギュッと集まってパフォーマンスするのでとても楽しみ。加えて、(総合司会の)内村(光良)さんも踊るので、お祭りのように楽しく、シンクロし合えたらいいと思います」

    秋元真夏
    「欅坂46」「日向坂46」に対しては「毛色はかなり違うけれど一緒に戦っていく仲間として、坂道をみんなに知っていただく、
    お互いに切磋琢磨(せっさたくま)して戦う良き戦友という感じがします。今回は3グループで初めてやらせていただくので、団結力を見せたいという意味では新たな緊張感が生まれています」

    松村沙友理
    「日向坂の皆さんとは初めて。不安があればそこはリードしてあげたいという気持ちもあります。今までとはまた違った気持ちで挑めたらと思います」

    齋藤飛鳥
    坂道グループが同じステージに立つことはなかなかないことなのに、それが紅白という大きなステージというのは、
    一生に一度あるかないかの大切な機会だと思う。内村さんも真剣に踊ってくださってすごくうれしい。大切な楽曲なので楽曲の良さと、
    それぞれのグループと、内村さんの良さ、みんなが楽しんでる様子が伝わったらいいなと思います」 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured


    【【悲報】乃木坂1期生「日向坂は紅白初出場だからリードしてあげたい」←初出場の4期はスルー】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 君の名は :2019/12/29(日) 18:03:09.20 .net

    https://mdpr.jp/music/detail/1923847

    乃木坂46とコラボし、『シンクロニシティ』でダンスを披露する内村。心境を聞かれると
    「まさか王道の坂道さんから以来が来るとは。びっくりしてます。一人おっさんが入るので邪魔してないだろうかと思いますが、100の力で真剣に踊りたい。
    坂道さんがメインなのでファンの方に失礼のないようにしたい」と控えめながら、真っ直ぐに意気込みを語り、「家族が出払った後に一人で(練習している)」と猛特訓したことを明かした。

    さらに「日村にメールしまして『日村の分も踊ります』と」と乃木坂46の“公式お兄ちゃん”であるバナナマンの日村勇紀に報告したといい、日村からは「『よろしくお願いします』と」と返事が来たよう。
    櫻井も「楽しみ!」とコラボに期待を寄せた。 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured


    【紅白のシンクロ内村コラボ、乃木坂からの依頼だった】の続きを読む


    【紅白】日向坂46、キュートにキュンキュンダンス披露 デビューイヤーの集大成
    【紅白】日向坂46、キュートにキュンキュンダンス披露 デビューイヤーの集大成
    …戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール) 初出場となるアイドルグループ・日向坂46が登場。3姉妹そろい踏みとなった坂道シリーズのトップバッターとして晴…
    (出典:エンタメ総合(オリコン))



    (出典 www3.nhk.or.jp)



    【【紅白】日向坂46 キュン披露でキュン死にしました!】の続きを読む

    このページのトップヘ